【仕事内容編】風俗面接時にしておきたい質問|風俗体験入店Navi

風俗面接時にしておきたい質問【仕事内容編】

 

風俗面接時にしておきたい質問【仕事内容編】ここでは風俗で働く為の体験入店(体入)前に面接でしておきたい仕事内容に関する質問をまとめてみました。

 

まず風俗で働く場合、お店に連絡をして面接を受けますが、仕事内容は働こうとする女性にとって非常に大事です。体験入店(体入)前の面接時では、お仕事内容に関する質問は積極的に行いましょう。

お店で働く時の基本的な仕事内容を質問しよう!

特に風俗未経験の人や、風俗内での業種が変わる場合は、詳しい仕事内容が分からないものです。その為、面接時には仕事内容をはっきりさせておく必要があるといえるでしょう。

 

これを怠ると、体験入店してみたら「話がちがう」なんて事にもなりかねません。

 

これは一般企業であっても同じことです。一般企業の人事担当者は、自社に有利な事は言いますが、逆に不利になるような事は進んで話すことはありません。体験入店(体入)前に聞き出す必要があるのです。

風俗での仕事内容を確認するポイント!

求人サイトと営業用のサイトの内容を見比べてみる!

求人サイトの仕事内容に「ライトな接客、指入れナシ、ハンドフィニッシュでOK」なんて書かれていたとします。しかし営業用のサイトには「過激なサービス!潮吹き可能!スマタ発射無制限!」と謳い文句のように書かれていたとしたら仕事内容が全く違う事がわかります。

 

さて、求人・営業サイトこのどちらを信じれば良いのか?

答えは営業用サイトです

求人サイトと面接だけ信じて体験入店(体入)すると、話が違うなんてトラブルになりかねません。しかしこれもタダの謳い文句に過ぎない場合もあります。その為、まず求人サイトに募集をして、面接前にはか必ず営業サイトを確認してから面接に臨んでください。

ザックリとした仕事の流れも確認しよう!

どんなお仕事にも仕事内容の他に聞く必要があるのは仕事の流れです。特に風俗は制限時間のある中で仕事をこなす必要がありますので、流れの確認も怠らないようにしましょう。

 

流れが分かれば時間配分も可能になる!

例え口頭での説明でも、仮にプレイ時間が60分だとすれば、時間配分などにある程度のイメージが湧くはずです。そのイメージを体験入店(体入)に活かす事が出来るのです。

風俗面接時にしておきたい質問【仕事内容編】いかがでしたでしょうか?

さて、ここまでは風俗面接時にしておきたい質問【仕事内容編】の解説をしましたが「お給料・お金編」「講習内容編」・「規則・ルール編」がありますので、合わせてご覧ください。