【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説

風俗の求人に応募する際の注意点をまとめています。風俗店に体験入店するには応募が必要となりますが応募方法・面接・講習時にはそれぞれ注意点があります。風俗で安心・安全に働く為には絶対必要となる項目ですので内容を理解して働きたいと思っているお店に連絡・応募するようにしてください。

【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi
【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi

ファーストコンタクトの注意点

最初は電話でなくメールで連絡する

どんなに優良で女性が働きやすいお店だったとしても、それは結果論でしかありません。その為、どんなお店に連絡するにも最初はメールでの連絡を心掛ける慎重さが必要となります。

 

電話だと言いくるめられる場合も

電話で応募の連絡をすると「すぐ面接に来来れるかな?」なんて言葉で誘って来ますが、相手は女性を言いくるめるプロと考え、慎重になる事をオススメします。

 

メールで証拠を残す

風俗の入店トラブルで非常に多いのが「聞いてない」事を強要されるという事。この場合、電話では言った言わないの水掛論にしかなりません。その為、証拠を残す意味でもメールでの連絡が重要になるのです。

面接の注意点

メールでのやり取りが終われば次は面接になるはず。これはお店事務所などに赴き店の人と面接を行いますが問題となるのは場所です。

 

事務所・お店での面接は女性に不利

例えば事務所などで面接を行うのは当たり前の様に感じますが、いざ行ってみてメールの内容と違う場合に「帰りずらい」状況におかれたりする場合があります。つまり事務所やお店での面接は女性にとって不利な場所でもあるのです。

 

一番良い面接の場所とは?

事務所やお店で近くの喫茶店などがベスト。ここなら周りにも人がいますので女性にとって不利になる場所ではありません。ここなら話が違う場合はすぐに帰る事も可能と言えるでしょう。

講習の注意点

風俗に体験入店する場合に必ずあるのが講習がですが、この講習も非常にトラブルが多いので注意が必要となります。

 

本番講習には最大限の注意を

講習で一番多いのが本番を強要される意味不明の講習。これは講習の名を借りたレイプ行為ですので、このそぶりが見えた場合はその場から逃げて警察に駆け込む必要があります。

 

本番講習は絶対にあり得ない

まともな店、まともな店員であれば、女性が不快に感じる事、仕事内容と講習内容が違うなんて事は絶対にありません。

 

身の危険を感じたら110番通報

まして本番強要は忌むべき犯罪行為であると考え、強制的にホテルに連れ込まれた場合などは躊躇なく110番通報をしてください。

 

泣き寝入る結果にならない様に

実際この被害は非常に多く、結果的にヤラレタだけで泣き寝入る女性も少なくありません。もしそんな事を平気で行う店員がいる店は警察の手を借りてでも潰してしまう方が世の為と考えておきましょう。

風俗で働く為の基礎知識

【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi 【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi 【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi
【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi 【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi 【風俗の求人応募】連絡・面接・講習の注意点を解説|風俗体験入店Navi